風俗の店長になるために「絶対にやってはイケない事」を自分の経験からお伝えします!

教育担当のスギモトです。
タイトルが長いですね、すいません。

さて、今回のネタはタイトルの通りの内容です。
私自身の経験をもとにお話しさせていただきます!

 

やってはいけない事とはなにか

早速ですが「絶対にやってはイケない事」をご紹介します。

・人に敬意を払わない
・自分だけ出来ればいいと思ってしまう

以上です。

・・・え、これだけ?と思うかもしれませんが、これだけで十分です。

私はこれらの重要性をまったく理解してなかったおかげで、様々な不幸(自業自得)にあってしまいました。

次よりその「様々な不幸」をご紹介いたします。(本当はしたくない)

 

 

不幸①~男性スタッフから嫌われまくる

副主任(副店長)を務めていた時は若さもあって「とにかく女の子のシフトを集めて売りまくればいい」ぐらいの知能しかなく、仕事のステータスを「女の子」に全振りしていました。

そのおかげもあって女の子からの支持や人気はある程度あった(多分)のですが、男性スタッフの事はほとんど眼中になかったので構ったりすることはほとんどありませんでした。

仕事に関しても最終的に「自分ひとりでやるからいいや」という考えだったので、他のスタッフに仕事を振ったり、教える事はほとんどしませんでした。
(スタッフの人数が少なかったこともあり尚更)

結果、男性スタッフから嫌われまくる事となったのです。
さらに!嫌われた理由はコレだけではありません!

 

 

不幸②~やっぱり男性スタッフから嫌われまくる

当時は「仕事ができれば年齢なんて関係ない全盛期」でしたので、たまたま若いうちに昇格できた自分に酔っていました、慢心してました、調子にのってました。

それゆえ同年代や年下は勿論のこと、年上の人に対する態度が極悪でした。

・タメ語
・命令口調
・罵倒、侮辱

今思うとただの「パワハラ糞野郎」です。

こんな態度だったこともあり、私が原因で退職するスタッフも正直何人か居たと思います。
人望なんてあったもんじゃありません。本当に申し訳ございませんでした。

 

 

結論【人望がない人間に店長の資格なし】

このような事もあってお店の雰囲気が最悪な時に上長から

「仕事はお前1人でやるんじゃないんだよ」
「人望もないやつに店長なんかやらせる訳ないだろ」
「ここホストクラブじゃねぇんだよ、勘違いすんな」
「ガキが調子に乗るな」
「お前が逆の立場だったらどう思うんだよ?」
など

ありがたいお叱りを受けたことにより改善の方向に向かっていくのですが、これがなかったらとっくに終わっていたと思います。

特に今のご時世では当時の私みたいな上司は絶対に好かれる事はありません。

絶対にマネしないでください!!!!

【高収入】風俗店の店長になるためには?

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!