風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

※今年10月に始まる増税と性風俗産業の関連性※

増税と性風俗

今年10月、消費税が「10%」に引き上げられる事が決定しました。

最近、日本の大手広告代理店である「電通」が全国1万人に対して「増税」に対する意識調査を行ったところ、増税に対しての認知状況が全体の8割、さらにその内の7割が今のうちに生活用品を買い溜めするなどの事前対策をすでに行っているそうです。(情報元・流通ニュース

このように増税に対する実感が着々と増えている日本ですが、我々が携わる「性風俗産業」にはどのような影響が及ぶのでしょうか?

今回はそんな「増税と性風俗産業の関連性」についてお話したいと思います。

 

増税と性風俗産業の関連性

まず、「増税と性風俗産業の関連性」について詳しくお話し致します。

コラム冒頭でもお話したように、消費税が「10%」に上がることで私たち国民の生活に影響が出るのは言うまでもありません。

特に食品・衣類などの生きていく上で必要な「生活必需品」の値段が上がることで、多くの家庭の家計が圧迫されます。
しかし、国民はこれら「生活必需品」を買わないわけにもいきません

一方で、私たちが携わる「性風俗産業」は「生きていく上で必要か?」と言われれば、当然そんなことはありません。
家計が圧迫されれば、世の男性はやむをえず風俗の利用を控えるはずです。

つまり今度の増税により、一般的な家計から「性風俗産業」に流れるお金は、今までに比べて少なくなる可能性が非常に高いということが推測されます。

以上の事を踏まえると、今後は今まで以上に「お金がかかっても利用したい!」と思ってもらえるような「お店づくり・品質の向上」がシンデレラFCグループを含む「性風俗産業」に求められることでしょう。

そして、生活が圧迫されることにより「性風俗産業」で働こうとする女性が増えると予想されますが、利用するお客様の数が減れば「供給過多」が起こり、満足な稼ぎを得られる女性の数も限られてきます。

・利用してくれるお客様のために
・働いてくれる女性のために

私たち「性風俗産業」は、これから何をしなければいけないのか?

次の項目よりお話させていただきたいと思います。

 

利用してくれるお客様のために

お客様

「風俗って、女の子の接客がよければいいんじゃないの?」
と思われがちですが、そうではありません。

私たち社員の接客が良くなかったり、お客様に対する感謝の気持ちが欠如すれば、女の子が一生懸命サービスを頑張ってくれても「また来たい」とお客様に思ってもらう事は不可能です。

また、接客態度に問題がなくても、お客様の要望をまったく考慮しないで女の子の案内すると、お客様の満足度を下げる結果となります。そして、このようなお客様の不満が、私たち社員ではなく接客を担当する女の子に伝わる可能性があることです。

そうなると「お店の人達が悪いのに、なんで私が怒られなければいけないの?」と思われ、女の子がお店を退店する可能性が生まれます。女の子が少なくなれば、当然利用するお客様は減ります。

増税で生活が圧迫されている中、せっかく高いお金を使った束の間の「お楽しみ」が残念な結末になれば「風俗なんてお金の無駄」と思われて当然です。

そう思われないためにも、今まで以上にお客様のことを考えた接客・マッチング率の高い女の子の案内で満足度の向上につとめ、信用を獲得し、長く付き合っていただけるお客様の数を増やす必要があります。

 

働いてくれる女性のために

女の子

働いてくれる女性のために私たち社員がやることはたくさんありますが、今回は次の2つを取り上げてお話させていただきます。

・接客

「お客様の総数が減る」ということを前提に考えると、今まで以上にキャストの女性は1人1人のお客様を丁寧に接客し、リピート率を上げなければいけません。

「じゃあ女の子が頑張るだけでいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、「その頑張り方をどうすればいいのか?」を考えて教えるのは、私たちスタッフの仕事です。

今まで教えてきた接客方法も大切ですが、もしかすると今回の増税がキッカケで「高いお金を払って遊ぶにふさわしいのはどんな女性なのか?」を考え直すお客様もいるかもしれませんので、今までとは違う接客を求めるお客様が出現する可能性も十分にあります。

最近の傾向を知るためにも、お客様からのヒアリングを今まで以上に徹底し、キャストの教育にフル活用するようにしましょう。

 

・定着率

今後、稼げない風俗店からは女性が大量に流失すると思いますので、
キャストの「総在籍人数」が少ないお店は即座に稼げないお店と判断される可能性が今まで以上に高くなります。

さきほどお話したように「稼ぎ」も定着率に繋がる重要な要素ですが、それ以外にも定着率を上げる要素は他にもたくさんあります。

以前、「キャストの定着率を上げるためには?」というコラムを三部作で書きましたので、よろしければそちらをご参考くださいませ!!

【在籍率向上委員会】
キャストの在籍率を上げる為に、責任者が絶対に意識しなければいけない事とは?

【在籍率向上委員会】キャストの在籍率を上げる為に、責任者が絶対に意識しなければいけない事とは? part.1

【在籍率向上委員会】キャストの在籍率を上げる為に、責任者が絶対に意識しなければいけない事とは?part.2

【在籍率向上委員会】キャストの在籍率を上げる為に、責任者が絶対に意識しなければいけない事とは?part.3

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

一部、予想で話をした部分もありましたが、とにかくこれからは増税の影響でお客様の総数が減ることによって、「お客様と女の子」を大切にしない風俗店は「閉店」を余儀なくされると思います。

私たち社員は、お客様と女の子を繋ぐ架け橋です。お客様や女の子に「安心」してもらうために出来ることは、なんでも頑張るくらいの意気込みが必要です。

この記事を書いているのが3月1日。10月まであっという間です。
冒頭で「増税対策をしている国民は既に7割居る」とお話しましたが、私たちも今から出来ることはやっておいた方が良いのかも知れません。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
HTMLコーダー募集中!
英語スタッフブログ!