風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

【最新版】風俗の男性スタッフ面接前に絶対チェックすべき5つのポイント

staffmensetsu01.jpg

高収入を目指し風俗店の男性スタッフ面接を受ける皆さんへ。

「風俗の面接なんて、誰が受けても採用されるんでしょ?」

-なんて油断していると一瞬で不採用になりますよ。

テキトーな風俗店であれば確かに履歴書も職務経歴書もナシで採用されますが、人気のある真面目な風俗店であればそんなに甘くないです!

面接官に不採用とされないよう、

面接前に最低限「これだけはチェックすべき」ポイント

を5点ご紹介致します。

風俗店の男性正社員面接にふさわしいスーツ

風俗面接用スーツ

Vシネマ等で出てくる風俗店の店員のような格好は絶対にダメです!!

紫色とか、太いストライプとか、面接が始まる前に「不採用」が決定してしまいます。

又、いわゆる「おじさんぽいスーツ」もダメです。

面接官が採用したいのは「一緒に働きたい」と思わせてくれる人物です。

おじさんぽくて、疲れていたり、ダサかったり、臭そうだったり、不潔な印象の人と一緒に働きたいと感じる人はめったにいません。

かと言って、「オシャレ」を追求する必要もありません。

高いスーツを買う必要もありません。

風俗の面接を受ける際に大切なのはオーソドックスな「清潔感」です。

とは言え、自分自身では「清潔感があるのか?ないのか?」はとても分かりづらいです。

人は「見たいモノしか見ない」生き物なので、勘違いしてしまうかもしれません。

てっとり早いのは紳士服量販店の中でもスタイルにこだわりがある
「THE SUIT COMPANY(青山商事)」
「P.S.FA(はるやま商事)」
「SUIT SELECT(コナカ)」
「ORIHICA(AOKIホールディングス)」
に行く事です。

そして
「この店員はオシャレだ」と感じる男性店員か、
「男の服装にこだわりありそう」と感じる女性店員に、
「すこしかっこよくて、清潔感も抜群のスーツを選んでもらえますか?」
と尋ねれば、間違いありません。

3万円程度で面接官の心をわしづかみに出来るスーツが手に入ります。

【風俗面接で絶対NGなスーツ】

・アングラ業界の香りがプンプンする紫色などのド派手なスーツ
・袖が長過ぎて、萌え袖みたいなスーツ
・パンツが長過ぎて、ダボダボに余っているスーツ
・パンツが短すぎて、靴下どころかすね毛まで見えているスーツ
・肩幅や胴囲が合っていなくて、大きすぎたり、小さすぎたりするスーツ

 ※言い忘れましたが「スーツではない」服装は論外です。

風俗業界の面接官に好印象なワイシャツ、ネクタイ

風俗面接用ネクタイ

面接において、スーツと同じくらい重要なのが
「ワイシャツ」「ネクタイ」です。

スーツ専門店やワイシャツのお店に行くと、実に様々な形や色のシャツ、ネクタイがあり迷います。

ただ、風俗の面接はデートではありません。

色気を出す必要はみじんもありません。

ここでも大切なのは「清潔感」です。

まず、シャツの色は「白色」です。

青シャツも、ストライプシャツも選ぶ必要はありません。

白色は「清潔感」を演出してくれるだけではなく、写真撮影の際の「レフ板」と同じ役割を果たし、顔色を明るくしてくれます。

男性は化粧をしない分、光を味方につけて、化けるべきです。

そしてネクタイですが、「無難」にする事が一番です。

もしネクタイをお店で買うつもりであれば、色は「店員」に選んでもらいましょう。

「仕事で重要な打ち合わせがあるんですが、ネクタイ選んでもらっていいですか?」と声をかけましょう。

ご自身が暗い印象を与えがちなのであれば「明るく、元気な印象を与えられる色」を、ご自身が若くてチャラそうに誤解される事があるのであれば「落ち着いた、誠実な印象を与えられる色」を選んでもらいましょう。

ただし!ここでも要注意な事があります!

色には相性があります。

スーツとの相性もあれば、ご自身の肌の色との相性もあります。

なので、出来る事であればこの時は面接で着るスーツを着てお店に行きましょう。

「色の印象」だけでネクタイを選ぶと「似合わない色のネクタイをしたダサいひと」という印象を与えてしまいます。

 
【風俗面接で絶対NGなワイシャツ・ネクタイ】

・ワイシャツの代わりにアロハシャツ
・ワイシャツが黄ばんでいる
・ワイシャツのサイズがあっていなくて一番上のボタンがしまらない
・ドレスシャツでボタンや襟まわりがゴテゴテしている
・ネクタイにピカチュウ
・ネクタイの幅が細すぎる
・ネクタイがゆるんでいる

 ※言い忘れましたが「Tシャツ」「ノーネクタイ」は論外です。

足もと油断大敵!革靴はこれでキマリ!!

staffmensetsu04.jpg

「面接中は足もとが見えないから靴はなんでもいいよね♪」

-と、もし思っているなら甘い!!

風俗業界の面接官は足もとも見ています!

汚れている靴、ボロボロの靴、サイズの合っていない靴を履いているのを見ると「この人、だらしないな」とマイナス評価をします。
 
靴もスーツと同じで、高いものを買う必要はないです。

靴の値段が高ければ高い程採用される確率が上がる、なんて事はないです。

リーズナブルな靴でもきちんと磨けばピカピカになり、清潔感も増し、実物以上(?)にしっかりしている人に面接官の目には映ります。

もし靴磨きをした事がなくて、やり方がわからないのであれば、
「ミスターミニット」
「靴みがき本舗」
「シューシャイン東京」
等の靴磨き店を利用するのがおすすめです。

1,000円~3,000円程度で、使い古した靴ですら新品と見間違えるくらいまでに磨き上げてくれます。

しかも数カ月はその効果が持続するので、新しく靴を買うよりも経済的です。

高収入を稼ぐ為の第一歩である風俗面接で出だしからつまづかぬよう、靴もしっかり準備しましょう。

【風俗面接で絶対NGな革靴】

・NYスタイルでスニーカー
・靴の裏がはがれている
・靴が臭い
・靴が汚れ、ボロボロ

仕事が出来る男はカバン(鞄)にこだわりを!!

staffmensetsu05.jpg

「え!?鞄も!?」とおもうかもしれませんが、面接では意外と目に留まる事が多いです。

面接官は、皆さんの行動をよく見ています。

たとえば、鞄から履歴書、職務経歴書を出す際に、面接官は「書類」だけではなく、その書類がどこから出てきているかも見ています。

もちろん、鞄も高級ブランドである必要はありません。

ただ、コンビニ袋から履歴書、職務経歴書、メモ帳、筆記用具を出したら不採用になります。

あまり深く考えずにスーツやネクタイを買うついでに5,000円前後のカバンを買いましょう。

ただ、その時も年齢的に似合わない鞄や、カジュアルすぎる鞄は避けましょう。

基本的には「肩掛けタイプ」よりも「手持ちタイプ」の鞄が無難です。

肩掛けタイプの鞄はカジュアル寄りになってしまい、「信頼感」を損ねる恐れがあります。

【風俗面接で絶対NGな鞄】

・リュックサック
・ウエストポーチ
・そもそも鞄を持たず、手ぶらに履歴書だけ持ってくる

なによりも大切なのは髪型とスキンケア

staffmensetsu06.jpg

ひとの第一印象は「顔、髪型」で多くの場合決まります。

面接に置いても「髪型」と「顔(スキンケア)」が面接官の心に刺さります。
 
そこで風俗の面接にふさわしい髪型として参考にして頂きたいのは
「ホテルマン」です。
 
風俗業界はホテル業界と同じくサービス業です。

ホテルは数十時間を過ごすだけで数万円をお客様から頂戴し、風俗業界は数時間を過ごすだけで数万円を頂きます。

中級~高級ホテルと同等の価格帯でサービスを提供する風俗店の面接においては、それにふさわしいたたずまいを皆さんが出来ているかを見極めています。

ホテルマンのように髪型を整え、耳に髪がかからない、前髪が眉毛にかからない、襟足はワイシャツに触れない、などの最低限の身だしなみが求められます。

決して流行の髪型にする必要はなく、髪が薄くても構いません。

大切なのは清潔感と誠実さを印象として与えられる事です。

顔についても髪型と同じです。

最近は男性でも化粧水などでスキンケアをする方が増えているとテレビや雑誌で見かける事がありますが、これは面接においては有利に働きます。

女性と違い男性は化粧で顔色を変えられませんので、普段からスキンケアをし健康で清潔な肌を保つ事で、他の応募者よりもより良い印象を与えられます。

又、肌だけではなく「髭(ひげ)」や「鼻毛」などのケアも必須です。

風俗で働き始めればお店の女の子と接するのですから、その時に髭がだらしなく伸びていたり、鼻毛が出ていたら、女の子は「あの内勤スタッフさん生理的にムリ!!」となります。

履歴書、職務経歴書、会社研究、志望動機の探究などもとても重要ですが、それらは第一印象の「後」の話です。

まずは面接官の心をしっかりつかめるよう、目に見えるモノを整えて、万全の態勢で面接に臨みましょう。

風俗スタッフ面接まとめ

staffmensetsu07.jpg

多くの風俗店は「学歴」「職歴」「資格」についてはおおらかです。

ただ、そうだからといって他の事もゆるく適当というわけではありません。

上記の様に清潔感、身だしなみはしっかり面接官にチェックされます。

風俗業界は高収入を稼ぐチャンスが、他の業界よりも高いです。

一般の業界で高収入を稼ごうとすると、風俗業界よりも厳しい面接を突破しなければなりません。

それに比べれば
「スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、靴、鞄、髪型、顔」だけを整えればだいたいの面接は突破できるんですから、風俗業界は一般業界よりもはるかに楽に高収入に向けての第一歩を歩み出せるわけです。

面接で整えた品々は入社後も長く使うことが出来るモノばかりです。

無駄なモノはなにひとつないので、ぜひこの機会にそろえて面接に臨んでみてください。

きっと良い結果が皆さん待っていますよ。

関連ページ

[応募者の方へ] 面接官紹介!(with生写真)
[求人情報] 店長候補(幹部候補)
[求人情報] 店舗スタッフ(内勤・受付スタッフ)


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています