風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

風俗店で働く男性スタッフのファッションについて

風俗スタッフのファッション

以前、幹部ナビで面接官コラムを担当している宇佐美さんがこんな記事を書いていました。

出世する風俗スタッフのファッション&身だしなみ!!
(クリックすると記事にジャンプします)

この記事にも書いてあるように、
風俗店においても従業員の身だしなみは、とても重要なポイントになっています。

宇佐美さんの記事は「出世するための身だしなみ」が主な内容でしたが、わたしは「ファッションの重要性」に重点を置いて、いくつかお話しようと思います。

はたして風俗におけるファッションの重要性とは、一体なんなのでしょうか?

 

~風俗店員がファッションを気にしなければいけない理由~

まず最初に、風俗店員がファッションを気にしなければいけない理由を一言で説明すると「お客様、働く女性に安心感を与えるため」です。

今は違いますが、ひと昔前の風俗はアンダーグラウンドな位置づけもあり、一部で様々な俗説が広まっていました。たとえば、反社会勢力等が経営して活動の資金源にしていたり、借金を返せないと風俗に堕とされる、利用する側もルールを破ったら暴力の応酬を受けるなど、身ぶるいするような俗説が目立ってしまいました。

そのような背景もあり、今では「5.7兆円」ほどの大規模市場である風俗産業ですが、いまだに「風俗業界は怖い」というイメージが根付いています

「人を外見で判断するな」とよく言いますが、第一印象は「外見」で判断されます。
ただでさえ「怖い」というイメージが先行している風俗業界において、外見の悪さはデメリットしかなく、働く女の子に安心感を与えることは出来ません。

メリットに変えるため、安心してもらうための「ファッションセンス」が必要になるのです。

 

スーツ~SUITS~

ミーティングの様子

 

まず、黒い無地のスーツ、ネクタイは「威圧感」を与えますので着用を避けましょう。
色柄も派手なものは極力避けてください。怖いと思われるのも問題ですが、チャラいと思われるのも誠実さに欠けるので好まれません。

ネイビーグレーなどの色柄がビジネスマンの主流です。

そしてスーツを着る前に着用する「シャツ」ですが、ビジネスシャツ限定です。
「ドレスシャツ」の着用は出来ませんのでご注意くださいませ。

男性スタッフはネクタイの着用が必須です。
夏は半そでシャツでも大丈夫ですが、肌の露出が増えるので清潔感の観点で個人的にオススメはしません。

女性の場合はオフィスカジュアルでも問題ありませんが、崩しすぎないように気をつけてください。

大事なのは「清潔感」「誠実さ」が服装から感じ取られるか?です。

基本的に一般的なビジネスファッションと同様に考えてください。それでは詳しくポイントを解説いたします!

 

※シンデレラFCグループの役職を、一般企業であらわすとこのような形になります※

副主任→主任(リーダー、チーフ)
主任→係長
マネージャー→課長、部長

 

【平社員】

新人、平社員のうちはデスクワーク以外の雑務などで何かとカラダを動かします。

気合いを入れて掃除すればスーツも汚れますし、なにかの拍子で破けたりする場合もあります。(ちなみに私は、相当数のスラックスをダメにしました)

なので、高級ブランドのスーツを着用する必要はありません。2~3万円くらいのスーツを3~4着、着回ししてスーツの消耗を抑えることをオススメ致します。

そもそも平社員のうちは身だしなみ「だけ」カッコ良くても、仕事が出来なければ、お客様、女の子、従業員に悪い印象を与えてしまうだけです。特に、平社員の身だしなみの良し悪しは「お店のレベル」を表します。

 

・副主任(副店長)~主任(店長)

「副主任」以降は、着用しているスーツのグレードを上げていきましょう。
良いスーツを着れば、「役職」を得た実感が湧くと思いますし、従業員や女の子にも「しっかりしている」印象を与える事が出来ます。

また、グレードの良いスーツはモチベーションを上げるための立派な要因になりますので、それを着ることにより仕事にもやる気をもって取り組むことが出来ると思います!

 

・マネージャー

「マネージャー」になると、全社員から「憧れ」を持ってもらう必要がありますので、高級ブランドのスーツや、オーダーメイドスーツを着用しましょう。

実際に私も上司に勧められて、オーダーメイドスーツをいくつか作成し着用してみましたが、市販のものに比べて生地の質感、フィット感が全然違って感動しました(笑)

身だしなみも含めて、マネージャーはみんなの憧れになれるようにしましょう!

 

靴~SHOES~

靴の重要性

「ビジネスシューズ」着用が義務です。茶色などのスーツに合わせやすい色で選んでください。

デザインに関しても、とんがり過ぎていたり、色柄の激しいモノは「チャラい印象」を与えますので誠実さに欠けます。

(ごく稀に、つま先に鉄板が入ってる安全靴を履いてる方がいらっしゃいますが・・何に使うつもりなんでしょうか?)

最近、研修に来るスタッフの足元を見ていると、残念ながらキズが多かったり、カカトがすり減っていたり、ビジネスシューズではなく、レザースニーカーを履いていたりと・・足元に無頓着な人が多くて残念です。

足元が無頓着だと、仕事に対しても細かいところに気が配れない印象を与えます。

平社員からマネージャーまで、キレイなビジネスシューズを着用することに心がけてください。

好みがあると思いますのでブランドの指定まではしませんが、スーツと同様に日々使うモノになるので、2~3足を履きまわして、消耗が偏らないようにしましょう。

併せて定期的にメンテナンスをすれば長持ちします。2週間~1ヶ月に1回は靴のメンテナンスをしてあげましょう!

キレイな靴は仕事に対しても細かいところにも気が効く印象を与えることが出来ます。

 

時計~WATCH~

「時計」は「時間」を確認するのに一番最適なツールです。

時計の重要性

「時間はスマホで分かるし・・」という考えは、ただの「携帯電話依存症」であり、「お店に時計があるから要らない」という考えも時間に対する無頓着さを感じる要因になります。
風俗は女性の面接や、体験入店などもあるので「時間」をとても気にする仕事です。常に時間を気にする癖をつけるためにも、時計の着用は徹底してください。

そして時計はステータスを示すモノの代表格です。
主張が強いとスーツ同様に「威圧感」を与える原因にもなります。デザイン、実用性、耐久性、長く使えるものでビジネスシーンに最適なモノを選ぶようにしてください。

 

~まとめ~

 

いかがでしたか?
ファッションひとつにしても、人に与える印象は様々です。

昔の風俗のような「威圧感」や「悪さ」は必要ありません。
巨大市場に成長した現代の風俗業界には「清潔感」「誠実さ」が求められます。

もちろん「外見」だけ良くても意味がなく、仕事に対する姿勢にも「誠実さ」が必要です。

まとめ

「キチンと真面目に風俗業界に携わりたい!お金を稼ぎたい!独立したい!」

1つでも当てはまる方は、ぜひともシンデレラFCグループの「門」を叩くことを、最後にオススメ致します!

※この記事にある服装規定はシンデレラFCグループの社則に準じています※

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!