【消費税10%移行】風俗業界とインボイス制度について考える

いよいよ今年の10月から導入される消費税10%増税。

料金システム改定などの準備に風俗店も大わらわ。今のうちに少しでも安く遊んでおこうとするお客様の「駆け込み需要」もあって、対応に忙しい日々を送っていることでしょう。

そんな中、風俗業界にとって消費税増税より深刻な影響が懸念されている制度があります。

それは「インボイス制度」

インボイス? 何それ、おいしいの? なんて思っているあなた、結構この制度、ヤバいみたいです。

今回はちょっと真面目に、風俗経済学に迫ってみたいと思います!

 

 

インボイス制度は何がヤバいのか?

一般社団法人「ホワイトハンズ」代表の坂爪真吾氏が、インボイス制度についてこんな風に警鐘を鳴らしています。

「インボイス制度、マイナンバーや東京五輪よりもはるかに業界に与える負の影響が大きいので、業界全体で勉強&対策&政策提言していかないと、かなりヤバイことになるのでは、と思います」

— 坂爪真吾 一般社団法人ホワイトハンズ代表 (@whitehands_jp) 2019年8月20日

 

風俗業界にマイナンバー以上のインパクトを与えるという、この「インボイス制度」。実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか(筆者もそうでした)。

インボイス制度とは何なのか? Wikipediaにはこんな記述がありました。

インボイス方式(インボイスほうしき)とは、仕入税額控除の方式の一つで、課税事業者が発行するインボイス(請求書等)に記載された税額のみを控除することができる方式のことである。

……ちょっと何を言っているのかよく分かりませんよね。

筆者も経済には明るくないのですが、調べてみたところ、インボイス制度(方式)は消費税増税に伴う「軽減税率」の導入と密接な関係があるようです。

 

 

インボイス制度の罠とは

軽減税率とは「低所得者に経済的な配慮をする」という目的のため、生活の必需品である食品などの税率を消費税率8%のまま据え置きして運用するもの。

つまり、2019年10月からは10%と8%の複数の税率が混在することになります。

それだけ聞くと「何だ、いいことじゃないか!」と思いますよね。

しかも、風俗は生きていく上でどうしても必需品というものでもないため(いや、一部のヘビーユーザーには確かに必須ですが)、「軽減税率と言っても、風俗業界には関係ないね」と思ってしまいがちですが……どうやらそれは大きな間違いのようなのです。

 

ここで関わってくるのが、今回のテーマである「インボイス制度」

インボイスとは、簡単に言えば「請求書」のことを指します。

軽減税率導入後は、税率10%と8%の商品ごとに請求書を作成することになります。この商品ごとに消費税率や消費税額が記載された請求書をインボイス(=適格請求書)と呼ぶのです。

ここで、先ほどのWikipediaの説明を思い出してみてください。

インボイス方式とは「課税事業者が発行するインボイスに記載されている税額のみを控除できる制度」とされていましたよね。

問題となるのは「課税事業者」の箇所です。

風俗店が在籍女性に支払っている報酬には、当然ですが消費税が掛かります。

しかし、従来の風俗嬢の大半は「免税業者」(フリーランス、すなわち個人事業主)とみなされていました。そのため、これまでは消費税が控除されていたのです。

ところが、インボイス制度の導入後はそういうわけにいきません。

インボイス制度導入後は、適格請求書(インボイス)がないと消費税控除が受けられないため、風俗店が消費税分を負担することになってしまいます。

わかりやすく言えば、本来なら女性は支払うべき消費税を代わりに払わなくてはならなくなる、というわけです。

 

インボイス制度については「日刊デリヘル経営」さんが、お店の消費税負担額は現状の2倍以上になるとの試算を発表しています。

これは想像以上に大きな負担だと考えるべきでしょう。インボイス制度が実施されると廃業する風俗店が続出するかも知れないと噂されていますが、あながちそれも大げさではないかも知れません。

廃業とまではいかなくても、人件費や広告費のコンパクト化などさらなる経費削減を迫られる可能性は高いと言えそうです。

 

 

風俗業界とインボイス制度:まとめ

インボイス制度は2023年10月1日から導入される予定だとか。

もちろん、風俗業界もインボイス制度の導入にただ手をこまねいているわけではないでしょう。

例えば、根本的な解決にはならないかも知れませんが、法的なハードルを乗り越えてキャッシュレス化を推し進めていくなどの対抗策はいくつか考えられそうです。

インボイス制度導入まで、あと1400日余り。風俗業界はこれから生き残るために、この問題に一丸となって取り組んでいかなくてはなりません。

 

風俗コラムをもっと読みたい方はここをチェック

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!