左メニューか右メニューか

最近AKBにはまりかけているデザインチームのSです。
たかみな推しです。まゆゆ推しでもあります。

先日、サイトのユーザインタフェースについて考える機会があり、その際サイドメニューの位置について改めて考えてみました。

結論からいいますと以下の理由により、右サイドにメニューを配置したデザイン提案しました。

・目立たせたい物を左へ
人間はサイトを見る際、Fの字(Zともいわれます)で視線が動くといわれています。
それをふまえると、目立たせたいコンテンツは最初に目線に入る左側に配置する、ということが大切です。
目立たせたいのはメニューなのか、コンテンツなのか。今回の場合はコンテンツであろうと考えました。

・マウスは右手で操作する(人が多い)
ほとんどの人が右手でマウスを操作する環境において、左メニューだと、視線と右手が交差することになります。右側にマウスで操作するもの(サイドメニュー)が配置されていたほうが使いやすいと考えました。

・縦スクロールバーは右にある
これは理由として弱い気もしますが。
縦スクロールする際、少なからずスクロールバーを使う人がいるかと思います。
スクロールバーはブラウザ右にあるので、メニューも右に配置されていたほうが、マウスの移動も少なくてすみます。

しかしながら、ユーザビリティを考える際、多くの人が思ったとおりの振る舞いをすることも重要です。
ロゴが左上にあることや、きっと読まれないであろう更新情報が上に配置されているのも、そういう理由からだと思います。

同様に左メニューのサイトになれている人が非常に多い現段階で、定番である左メニューを覆すことはかなり難しいかもしれません。私は右メニューのサイトを見ても違和感は感じませんが、中には使いずらいと思う人もいるのだと思います。

結局、左メニュー、右メニューのどちらがよいかは答えは無いと思いますし、最終的にはゴーサインを出す方の現状をふまえた考え方次第になってくると思います。

とはいうもののWEB業界は進歩は速いです。今の常識など来年には非常識になっているかもしれません。回線速度、モニターのサイズ、スマホ普及など様々な要因がある中、将来WEBはどうなっているのか誰にわかるものではないと思います。

そんな中でWEBデザイナーとして生き残るには、いかなる時も、常識にとらわれず本質を考えることが大切かと思います。WEBデザイナーという仕事はとても奥が深いです。みなさんはどうお考えですか?ぜひ意見を聞かせてください。

スタッフブログ最新記事

Youtube最新掲載動画

【「新人女性スタッフ」インタビュー (入社初日の研修終わりにイロイロ質問してきました!)

「新人女性スタッフ」にインタビューをしてきました。彼女の「研修の感想」「研修担当者の印象」「今後の夢・目標」とあわせて「会社の雰囲気」を感じ取ってもらえたら嬉しいです!いわゆる「風俗」のイメージとは、きっとだいぶ違うものをお感じになられると思います(^^)

【池袋の人気風俗店】女の子待機所&受付 ★NEW 78秒 お店紹介動画★

東京・池袋の「人気風俗店」の「女の子待機所」と「受付所」を撮影してきました。 2019/8にもこちらのお店を撮影した動画を公開していますが、床を張り替えてキレイになりましたので、またムービーを撮ってまいりました。 「女の子待機所」を目にする機会はなかなかありませんので、ぜひご覧ください。

横浜 日ノ出町の【人気コスプレ風俗店】の「受付」「女の子待機所」を100秒でご紹介!!

横浜日ノ出町駅の「風俗店」の「受付&女の子待機所」を公開しています! 「コスプレ店」もあるので受付にはお客様が直接「見て」「触って」選べるように「コスプレ衣装」「下着」「小物」が所狭しとディスプレイされています。 動画の後半では「女の子の待機所」も少しだけ公開しています。風俗でお仕事をしないと絶対に足を立ち入ることはない「秘密の花園」ですので、風俗にご興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

五反田店「巨乳」「人妻」「風俗エステ」「オナクラ」の【裏側】を撮影してきました!!

風俗のメッカ「五反田」で人気のシンデレラFCグループのお店の「裏側」を撮影してまいりました! 映画やドラマに出てくるような「アウトロー」「アングラ」「暗い雰囲気」はなく、ごく普通の事務所です!どの風俗店で働こうかな?とお考えの際の参考材料としてぜひご覧ください。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!