※重要※女の子からの信用を失う行動一覧【風俗あるある】

教育担当のスギモトです。
気がつけば今年も残り一ヶ月とちょっと!
年越し蕎麦は「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」でおなじみの「壬生(みぶ)」を強くオススメ致します!!

さて、今回のテーマは「女の子からの信用を失う行動」について。

あるあるネタから実体験を踏まえてご紹介いたしますので、
これから風俗業界で働く方&すでに働いている人に少しでも伝わってくれれば幸いです。

 

レベル1~挨拶~

それでは順を追ってお話し致しましょう。まずはコチラの2つ。

はい・・もう「人としてどうなの?」というレベルですね。
風俗業界に限らず、全ての職場に共通して言える事です。

挨拶はしっかりしましょう!
気に入ってる女の子にだけ挨拶して、そうじゃない女の子はシカト・・ってのも厳禁です!

ちなみに風俗業界でも挨拶は昼でも夜でも

 

 

レベル2~雑務~

続いては新人時代の鉄板業務「雑務」より「2つ」ご紹介いたします。

地味に思えるかもしれませんが、信用ガタ落ちレベル結構高いです。マジで。

(女の子の仕事道具はこんな感じ)

(恐らくどこの風俗店でも定番のセット内容だと思います)

補充や点検を怠ってしまうと仕事から帰ってきた女の子に次のような感じで詰め寄られます。

このように多大な迷惑をかける事になります。

「スタッフのミスなのになんで私が怒られなきゃいけないの?」としか思えませんよね。

たまに気を遣って「次からは気をつけてね~♪」と怒った素振りを見せない女の子もいますが、指摘を真摯に受け止めずにミスを連発するとさすがにマジギレされます。

信用ガタ落ちです。

「掃除がちゃんと出来ないスタッフはダメだ!」ってのは以前からよくコラムで話しているので今回は割愛します。

【関連コラム】

【在籍率向上委員会】キャストの在籍率を上げる為に、責任者が絶対に意識しなければいけない事とは? part.1

 

 

レベル3~受付~

「レベル2」と同じようなシチュエーションになるのですが、信用ガタ落ち度はこちらの方が上になります。

なぜなら「お金」が絡んでくるからです。

 

「渡し忘れ」は最悪ダッシュで届けに行けばなんとかなり・・

ますが、プレイが終わった後に「伝え忘れ」が発覚するとどうしようもありません。

 

「レベル2」と同様に女の子とお客様に多大な迷惑をかける事案です。
スタッフのうっかりで本来貰えるはずの「有料オプション代」が貰えなくなり、女の子の1日の稼ぎを大きく左右する事になります。

「ごめんね」の一言では済みません。

似たような事例で「部屋番号の伝達ミス」があります。
本来、Aちゃんが行くホテルにBちゃんが入室してしまいそのままプレイが始まってしまったりすると大変です。

「いやいや、お客さんもさすがに気がつくでしょ?」と思うかもしれませんが、初めて遊ぶ女の子だと意外に気がつかないものです。

事情を理解してくれるお客様であれば待ってくれるかも知れませんが、そうでない場合
「女の子二人分のお仕事がキャンセルになる可能性」もあり、こちらも女の子の稼ぎに大きな影響を与えることになるのです。

さて、本当はこのあたりで終わりたい・・ですが、残り二つほど、お付き合いお願いします!

 

 

レベル4~シフト~

「入力ミス」と一口に説明しましたが具体的には次の2パターンです。

①出勤時間、曜日を間違える
②入力そのものを忘れている

特に自分の取ったシフトでコレをやるともう最低です。
今まで築いてきた信頼関係が一気に崩れることになるでしょう。

(言われてもしゃーない)

シフトを入力し忘れるということは女の子にとって何よりも致命的な事です。
いくら人気がある女の子でも、出勤予定を上げなければ予約が入りません。
つまり「仕事にありつけない→稼げない」という事です。

また、時間や曜日は間違っていなくとも女の子がお店を出たい時間などを確認し損ねるとトラブルの原因にもなります。
レベル2~3とは比べ物にならないほど、信頼ガタ落ち度が非常に高いです。

本当に気をつけてくださいね。

 

 

レベル5~緊急事態~

ここで言う「有事」とはお客様トラブルの類を指します。
「本番強要・本番実行・盗聴盗撮」など、接客中に起きたトラブルに適切な対応をするのもスタッフの仕事です。

スタッフの本領が発揮される瞬間の1つでもありますので、適切な対応が出来れば女の子からの信用は厚くなることでしょう。

逆に適切な対応が出来ないと一気に信用が無くなります。

ホテルに駆け付けたのは良いものの何も出来なければまったく意味がありませんし、女の子の前でビビったり情けない姿を晒してしまったらもう最悪です。

当事者以外の女の子にも「このお店は女の子をちゃんと守ってくれない」というイメージが広まって疑心暗鬼になる女の子も増えます。
もちろん退店する女の子も居ます。

それゆえ適切な対応をする為には土壇場勝負ではなく、最低限の知識や対応方法を先輩スタッフ・店長などから事前に学ぶ必要があります。

トラブルはいつ起こるか分かりません。常日頃から準備をしておくことをオススメします。

【関連コラム】

【風俗業界あるある】トラブル対策・解決には暴力?それとも法?

【難易度MAX?!】風俗店におけるお客様からのクレーム対応が難しい理由(ワケ)

 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!