【高卒・大学中退も歓迎】低学歴でも高収入な風俗業界転職のススメ

従来の「学歴社会」が崩壊しつつあるニッポン。

いわゆる「ホワイトカラー」「ブルーカラー」といったヒエラルキーは曖昧になり、近頃は学歴が低い人でも社会で成功できる可能性は高まっています。

そうした業界は増加傾向にありますが、その中でも筆頭と言えるのが「風俗業界」です。

今回のコラムでは

・そもそも「学歴」とは何なのか? 

・風俗業界はなぜ「学歴不問」なのか? 

そんな疑問について、答えを探ってみます!

 

学歴はなぜ必要とされてきたのか

これまでの日本は、学歴社会と呼ばれてきました。

「いい大学」に進学して、いい会社に入社した人が人生の「勝ち組」とされてきたのです。

そうした考え方は間違っているわけではありません。

人気企業は応募者数が殺到するため、ある一定のラインで求人を絞る必要がありました。そのためのボーダーラインとして「学歴」が利用されてきた歴史があります。

昔は「どの大学を卒業したか」で応募者の能力が判断され、ふるいにかけられてきました。学歴とは、人間の能力を手際よく伝える指標だと考えられていたのです。

とりわけ「大学名」は最も大切な指標でした。会社に入ってからは「学閥」が出世の条件として幅を利かせたからです。

そして、大企業であればあるほど、大学名というブランドは重要視されてきました。

 

「学力」ではなく「実力」重視の社会へ

日本経済が順調に成長していた時代はそれでも通用していました。

しかし、ITの発展などによって従来のビジネスモデルは危うくなりつつあります。現代はまさに19世紀にイギリスで起きた産業革命と同じような状況にあるのです。

そうした時代に、学歴や学閥といったものはあまり役には立ちません。

なぜなら、これまでの社会――特に日本社会では終身雇用制が普通でしたが、今ではそのシステムも崩壊しつつあります。

プログラマーのエリック・レイモンド氏は「伽藍とバザール」という論文の中で、今後のソフトウェア業界では、統制力が重要な「伽藍方式」よりも組織の枠組みを超えた開発者同士のコミュニケーション能力が問われる「バザール方式」が重要になると予言しました。

同じことが今、あらゆる業界で起きています。技術革新が目まぐるしい今の時代、学校で習った知識はすぐに古くなってしまいます。今までのように学校で学んだことを応用するだけでは通用しなくなっているのです。

 

実力がある者は風俗業界を目指す時代

これまで多くの日本人は組織に依存する傾向にありました。先述した通り、大きな企業に入社して出世を目指すことが人生の目的とされてきたからです。

今、このコラムを読んでいる皆さんの大半は「そんな人生はまっぴらごめんだ」と思っていますよね。

そう、今の世の中、組織にすべてをかけてしまう生き方はかなりリスクが高いと言えます。今必要とされているのは、学力ではなく「実力」。組織の市場価値ではなく「個人としての市場価値」が重要視されている時代です。

もはや組織の中で上司の指示通りに仕事をしていればよい時代ではありません。ましてや、上司の機嫌をとってゴマをすれば出世できる時代はもう過去のもの。いわば、学歴よりも地頭の良さが重要視される時代になってきたのです。

そんな時流に最も適しているとも言えるのが「風俗業界」です。

風俗業界は、学歴主義の崩壊が叫ばれるようになった今よりもはるか以前から「完全実力主義」を導入していました。

実際、入社前にはそれほど期待されてなかった人が出世し、高収入を叩きだす男性社員に成長することも珍しくないのがこの業界。風俗業界にはそのための完成されたシステムが様々に用意されています。

 

低学歴でも高収入が得られる理由とは

風俗業界には、実績を出した人がちゃんと評価される仕組みがあります。細かくクリアな評価・査定を行い、売上に貢献したスタッフには高収入というリターンを得られる制度が整備されています。

特に、大手風俗グループではそのための研修制度が確立されているケースがほとんどです。

一般企業でも、いまだに「いくら頑張っても昇給・昇格できない「上司が忙しすぎて仕事を教えてくれない」というところも少なくありません。

なかには「仕事は見て覚えるもの」といった職人気質が残っている会社も存在し「空気を読め」とか「見よう見まねで覚えろ」と理不尽なことを頭が硬い上司もいます。

今どき、そんな社風では優秀な人材は集まりません。ましてや、定着などするはずもないでしょう。

そうではなく、業界未経験者でも戸惑わないように初歩から教え、ガラス張りの人事評価制度で正当に査定する――そんな制度が風俗業界にはあるのです。

もちろん、シンデレラFCグループにも徹底した人事制度があります。

入社時や入社3ヵ月後、昇格時などには研修を行い、今どういう仕事が求められており、どうすれば昇格・昇給できるかを明確に説明しています。そして、それをきちんとクリアしたと判断されれば、確実にステップアップしていきます。

また、言うまでもなく、シンデレラFCグループの求人は「学歴不問」です。低学歴の方でも、やるべき事をキッチリやればちゃんと高収入が得られます。

例え、十分な学歴がなくても、それを理由に不採用にしたり、昇格させなかったりということはあり得ません。

きちんと結果を出せば、給料として間違いなく自分に跳ね返ってくる――そんなクリーンで当たり前のシステムがシンデレラFCグループにはあります。

能力がある者が大きなチャンスを得られる「完全実力主義」の世界が風俗業界にはあるのです。

 

WEBスタッフも高校・大学中退の方を大歓迎

低学歴、あるいは高校や大学を中退された方でも採用のチャンス、高収入のチャンスがあるのはウェブスタッフ・オフィススタッフも例外ではありません。

また、WEBプログラマー・システムエンジニアHTMLコーダーWEBデザイナーなどの専門的な技術や知識を要する職種も高校や大学を中退された方を積極的に採用しております。

シンデレラFCグループへの皆さまのご応募を、スタッフ一同、心よりお待ちしています。

 

<まとめ>低学歴でも高収入を目指すなら風俗業界へ

ご存知の通り、風俗業界はいまや巨大産業です。

その市場規模は6兆円近くとも言われており、従業員たちはその恩恵を十分に得ています。一般企業に比べて初任給、基本給は大幅に高く、また売り上げに応じた手当てやインセンティブを充実。まさに「勝ち組」と言っても過言ではないでしょう。

しかも、学歴が低い人でも恩恵を平等に得るチャンスがあります。いや、平等どころではありません。実力さえあればスピード出世もできます。年功序列も一切関係なく、下剋上も可能な業界なのです。

もしも今、学歴がネックになって転職がうまく進んでいないなら、風俗業界に目を向けてみましょう。そこに、あなたの未来を変える出会いが待っているかも知れませんよ!

 

風俗コラムをもっと読みたい方はここをチェック

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!