風俗業界はライターの人手が足りません!

最近、風俗店のホームページや風俗サイトで女の子の「口コミ投稿」をよく目にしますよね。

風俗ポータルサイトの中には、口コミに特化した『口●ミ風●情報局』『k●ku-b●tsu』といったサイトも存在します。

あるいは、風俗遊びの体験談を個人のサイトにアップする人も増えてきました。

それなのに……風俗業界ではライターの人手が全然足りていません!!

風俗好きなあなたも一度は口コミを投稿したり、ブログに風俗コラムを書いたことがあるのではありませんか。

あなたのその文才、風俗への熱い思いを当サイトにぶつけてみませんか?

シンデレラFCグループが運営する風俗男性求人サイト『幹部ナビ』では只今、ライターを広く募集しています!

 

風俗業界におけるライターの重要性

風俗業界でライターといえば、「風俗ライター」を連想するのではないでしょうか。

風俗ライターのお仕事って、一般的に何を思い浮かべますか?

恐らくは体験取材と答える方がほとんどだと思います。

確かに、その考えは間違ってはいません。

しかし、今回求めているのは単なる風俗ライターではありません。

もっと幅広く、風俗に関するあらゆる「ライティング」に携わるライターです。

近年、Webマーケティングの進歩に伴い、ライターの存在はますます重要性を増してきました。

風俗業界のライティング業務は多岐にわたっています。

<集客サイト>や<求人サイト>の記事やキャッチコピー、あるいはお店や女の子の紹介文……etc.

あなたの魅力的な記事一つで「この女の子と遊んでみたい」「このお店で働いてみたい」と思わせることができる、とてもやりがいのあるお仕事なんです(※責任重大ですが)。

シンデレラFCグループは、ライターさんをとても重要な存在だと考えています。

サイトを制作する際、ライターはそのページで何を伝えなくてはならないのかをよく理解したうえで、適切な文章を組み立てていかなくてはいけません。

風俗の営業サイトであれば「どんなお店なのか」「どんな売りがあるのか」を、細かく、またシンプルに伝える必要があります。

また、求人サイトなら、職を求める方や風俗業界に関心のある方に安心感を与え、背中を押すものに仕上げることが求められます。

必要であれば取材をし、その対象の魅力を引き出すこともします。

風俗業界とは言え、仕事の進め方は一般的な求人サイトなどと変わらず、いたって真面目で健全なものです。

「風俗=ブラック」と思っている人はギャップを感じてしまうかも知れませんね。

 

風俗業界のライターの適性とは

風俗業界のライターになるのに風俗遊びの経験は必ずしも必要ではありませんが、やはりこの仕事を続けていくうえで風俗への興味はあった方が有利でしょう。

なぜなら、風俗に対する興味がなくてはユーザー(お客様)や女の子たちの気持ちを想像して書くことが難しいからです。

記事の「熱量」は、執筆する対象にどれだけ興味を持てるかに左右されるもの。熱量がこもってない文章は、なかなか読み手の心には響きません。

そうした意味では、風俗業界への好奇心は不可欠です。

風俗への興味が必要な理由がもう一つあります。

それは風俗に対する耐性です。

風俗は「食欲」「睡眠欲」に並ぶ人間の三大欲求の一つである「性欲」を扱う商売です。それだけに、ある程度、好きでなくては勤まりません。

わかりやすく言えば「下ネタが苦手」という方や風俗業界で働くことに引け目を感じる方では長続きしないかも知れません。

だからこそ、風俗に一家言を持つあなたの熱量をここで発揮していただきたいのです。

▼▼▼ライター求人の詳細を見る▼▼▼

風俗ライター求人

関連記事

風俗好きには天職! 風俗ライターという仕事の真実

シンデレラFCグループでは、ライター以外のスタッフも随時募集中です。

職種は店舗スタッフを始め、Webサイト制作(プログラマー、デザイナー)、カメラマン、レタッチャーなど様々。

きっとあなたの能力を活かせるお仕事が見つかるはずです。

風俗業界に興味のある方は、ぜひ求人一覧を覗いてみてください!

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
希有 仁(きゆうじん)

希有 仁(きゆうじん)

「善きスタッフの元に善きキャストが集う」をモットーに、風俗業界の“中の人”に寄り添える男性求人を目指して奮闘中。自らの経験が少しでも役に立てば……と苦手な文章と格闘しながら、風俗系ビジネスコラムを日々書きまくっています。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!