コロナ禍で飲食業界から高収入の職種へ転職をお考えの方へ

飲食業界から転職をお考えの方へ

アフターコロナまで生き残れない飲食店

コロナの影響をすべての業界が受けている中にあって、飲食業界への影響はその中でも非常に大きくなっています。

大手レストラン予約サイト「Table Check」によれば4/29~5/6の大型連休の際の来店数は前年比で「90.5%減」、もはや影響という言葉にはおさまらない「壊滅的」な状況です。

夏を迎えても山手線の内側のエリアには回復が見られず高齢者が多い銀座、若年層の割合が多い渋谷、サラリーマンが多い新宿などの大型ターミナル駅も客足が戻っていない、といったニュースが連日テレビやネットをにぎわし、先がまったく見えない状態です。

さらに、もともと東京には飲食店が10万店もあり、平時ですらあきらかに「供給過多」であった事がより一層状況を深刻化させており、UberEatsや持ち帰り弁当などで販路を増やしたとしても元来の過当競争を解消できるわけではないので、これからさらに廃業や破産する飲食店の数が増えていくとの見通しが大勢です。

このような危機的状況のなか、飲食店で働く人々のなかでも特に優秀な人材ほど自身や家族の生活・将来を見据えて、異業種への転職活動を精力的におこなっているとの話が人材業界からよくきこえてきます。
※シンデレラFCグループでも、飲食業界からの応募者が昨年は毎月7名程度だったのが、今年は20名程まで増えています。

アフターコロナまで生き残れない飲食店

飲食業界から高収入で高待遇の仕事への転職は可能?

飲食業界の平均年収は20代243万円、30代319万円、40代373万円ですが、日本全体での平均年収は20代272万円、30代365万円、40代456万円と飲食業界のそれよりも高いため、より高収入な仕事への転職は大いに可能です。

又、飲食業界は社会保険や休日数の面でもブラックな場合が多いので、転職を機に「待遇面」を向上させることも難しくはありません。

ただし、飲食業界の経験は、他業種で働くひとからすると評価がしづらい面もあります。仕事内容についてもキッチンの仕事を「ただ調理してただけでしょ?」と考える面接官もいますし、ホールスタッフも「注文された内容をキッチンに伝えて、あとは出来上がった料理をテーブルに持っていくだけでしょ?」と表面的な理解しかしてもらえない事が残念ながら多いです。

こんな理解しかしてもらえないまま転職してしまうと、飲食業界の時よりも給料も待遇も「悪化」してしまう事がありますので、くれぐれもご注意ください。

飲食業界から転職は可能?

飲食業界から風俗業界へ転職する際の落とし穴

飲食業界から「高収入」を志して風俗業界へ転職し成功すひともいれば、失敗するひともいます。

失敗する人の多くは、いちばん最初の段階で「嘘の風俗求人にダマされている」事が多いです。

業界の中にいる私(人事部マネージャー宇佐美)であっても、風俗業界の求人の「嘘」をすべて見抜くのは難しいので、まして飲食業界で今まで頑張ってきた方がこれらを見極めるのは簡単ではありません。

ただ、この「嘘」を簡易的に見極めるポイントがありますので、その中から主なチェックポイントを「3つ」ご紹介します。

【落とし穴 チェックポイント】

①スタッフの生の写真が掲載されているか?

フリー素材の写真ばかりで本物の写真を使っていない会社はスタッフ求人に本気ではなく求職者に対しての誠意も欠け、嘘がある事が多いです。

②求人ページに、厳しいこと、難しいこと、が書かれているか?

どんな会社にもなにかしらの厳しさはあります。それらを求人に書いていなかったり、面接でも説明しない「隠す」スタンスの会社は求職者に真摯に向き合っておらず、嘘も多いです。

③求人ページに「良心」を感じるか?

求職者と会社の関係を突き詰めていけば「ひと」と「ひと」の関係に行き着きます。求人サイトや面接を通してちゃんと「良い心」を感じられる会社であるかを見極める事はとてもアナログではありますが「大切」です。

―コロナ禍での転職活動は精神的にあせりながらの事が多いかとおもいますが、上記のチェックポイントを利用していただき、嘘にだまされないよう危険を回避していただき、より良い転職を叶えて頂ければとおもいます。

転職する際の落とし穴

シンデレラFCグループから飲食業界経験者の方へ

シンデレラFCグループは飲食業界の経験者の方の中でも「提案力にすぐれている方」「コミュニケーションに長けている方」「新規顧客の獲得およびリピーター化に長けている方」を強く募集しています。

これらに該当する方は、ぜひ、下記の「店長候補」「女性内勤スタッフ」の求人ページをご覧ください。

シンデレラFCグループは決して完璧な会社ではありませんが、ただ、多くの良いところがあり、多くの素敵な仲間がいます。

皆さんと面接でお会いできることを心より楽しみにしています。

ご応募・お問い合わせフォーム

転職をお考えの方へ

スタッフブログ最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
40
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!